☆ガリ勉ブログ☆理想の生活 幸福なFIREを目指して

これからFIREを目指す初心者におススメ投資法や銘柄を紹介!

楽天カードを作るべき5つの理由とデメリットを解説

こんにちはーガリ勉です。
楽天カードは人気No1で最強のカードと言われていますが、資産形成を進めるために楽天カードを利用することが有利なことが多いです。
FIREを目指して資産形成をしていく上でクレジットカード選びは重要となりますが、デメリットはないかも見ていきましょう。

 

メリット

 1.高い還元率

第一に楽天カードは日常生活での買い物やネットショッピング、コンビニなどでの高い還元率から好んで使用されます。
他社が0.5%が多いのですが、楽天カードの基本の還元率は1%となっております。
私自身数枚のクレジットカードを所持し、他社のゴールドカードも持っていますが、圧倒的に楽天カードで支払うことが多いです。


 2.永年年会費無料

維持費は気になるところですが、通常の楽天カードであれば永年年会費無料です。
ゴールドカードやプレミアムカードは有料ですが、まずは通常のカードを使用してみてから検討が良いでしょう。

 3.楽天市場でポイントがザクザク貯まる

楽天市場で楽天カードで支払うといつでも3%還元となります。
楽天SPU(スーパーポイントアップ)ではポイント+3倍と表記されています。
5か0のつく日であれば5%還元となる上にお買い物マラソンなど他キャンペーンと併用もOK、特にふるさと納税を楽天で利用するのは非常にオススメ!!

 4.楽天証券の積立投資信託でポイントがもらえる

FIREへの第一歩として第一に積立Nisaの年間40万円の枠を満額埋めることから推奨していますが、楽天証券の投資信託の積立でポイントがもらえます。
楽天カード払い:0.2~1.0%
楽天キャッシュ:0.5% *楽天カード払いとほぼ同じ認識でOK
投資信託の積立において
以前の楽天カード払い無条件1%付与からは改悪されインデックス投資家にとっては基本的に還元率0.5%となってしまい、SBI証券やマネックス証券の方がクレジットカードの組み合わせ次第では還元率が高いですが還元率が高いのはゴールドカードとの組み合わせだったり、マネックス証券に登録していないとマネックスカードが作れなかったりと…それぞれ一長一短あります。

 5.アプリで管理

新社会人や若い方など初めてクレジットカードを作る方はスマホが必須な世代で何でもスマホで管理できると非常に楽ですよね。紙の明細をとっておいても見返して比較しないですし。
利用と支払いの明細だけでなくポイントも管理できます!

これは私の利用明細とポイント実績です。

 

デメリット

 ・ETCカードが有料

ETCカードは年間550円の維持費がかかります。大した金額ではありませんが、無料のところもあるので有料に抵抗ある方はETCカードは他社で作りましょう。筆者はエポスカードを利用しています。

 ・期間限定ポイントに注意

楽天カードのデメリットというよりは楽天経済圏における注意事項なのですが、通常のポイント還元1%分はいいのですが、それ以外のSPUなどでもらえるポイントは期間限定ポイントが多いです。期間限定ポイントは楽天証券には使えないといった制限がありますが楽天市場の他には対応している飲食店、コンビニ等では楽天payというアプリを取って使用することができます。

まとめ

私もメインカードとして利用していますが、人気No1というだけあって日常でもネットショッピングでも使いやすいと思います。メインカードとして優れているので特に新社会人や若い方など初めてクレジットカードを作る方には非常にオススメです。
キャッシュレス決済のpaypayよりも還元率はいいので、FIREを目指して資産形成をしていく上で手助けになるでしょう。

 

↑楽天カード↑